スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1億4千万円脱税の疑いで告発 大阪の不動産業グループ(産経新聞)

 法人税約1億4200万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反の罪で、大阪市北区の不動産会社「由利土地」などグループ3社と金光徳社長(56)を大阪地検に告発していたことが27日、分かった。重加算税を含む追徴税額は約2億円とみられ、すでに修正申告したという。

 関係者によると、金社長は3社の不動産取引について、多額の繰越欠損金を抱える別のグループ会社「八重富不動産」(大阪市北区)による取引と仮装。3社から付け替えた利益を繰越欠損金と相殺する形で、平成19年7月期までの約3年間に法人所得約4億7700万円を隠したとされる。

 金社長は「営業資金に流用するため脱税した」などと話しているという。

【関連記事】
首相の政治責任は明白 「脱税」の疑い徹底解明せよ
鳩山首相説明も偽装? 献金、食い違う事実続々 「国民欺いた」
“ヒルズ族”を在宅起訴 FXで1億6千万円脱税
通信教育「つがわ式」社長、所得税法違反罪で在宅起訴
パチンコ攻略法販売で1億円脱税 元社長を在宅起訴

くにおのブログ
まさしのブログ
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット
スポンサーサイト

<油山観音>木造聖観音坐像 盗難から戻り記念の法要 福岡(毎日新聞)

 10月に福岡市城南区の「油山観音」で盗まれ容疑者が検挙された国重要文化財「木造聖観音坐像」が28日、本堂に86日ぶりに戻り、記念の「本尊帰山法要」が営まれた。

 以前と同じ安らかな表情を浮かべる観音様を前に、お経を上げ氏田宗貞住職(63)は「厳しい托鉢(たくはつ)から帰山されました」とユーモアを交えて報告。檀家は「よくぞ、ご無事で」と感無量の表情。

 天井には防犯カメラと最新式の熱センサーも設置され、安全対策は万全に。「仏の顔も三度」と言うが、「もう二度と盗ませません」と住職。【近松仁太郎】

g88dutxtの日記ブログ管理ツール
p1fzik3oの日記ブログ管理ツール
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
ネイルサロン

大阪市立大をアカハラ放置で提訴へ 東京地裁に(産経新聞)

 大阪市立大の元教員によるアカデミックハラスメント(大学など教育・研究の場での権力を利用した嫌がらせ)の救済を申し立てたにもかかわらず、大学側が放置したため精神的苦痛を受けたとして、数学研究者の男性(41)が近く、市立大に200万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴することが24日、分かった。

 訴状によると、男性は平成8年4月ごろ、米国の数学学会誌に投稿した論文のコピーを当時市立大の教員だった先輩研究者に送付。類似分野の研究者にコピーを送ることは一般に行われており、特に意味はなかったが、この教員から論文を自分との共著として書き直すよう求められたという。

 男性が拒否すると、教員はその後何度も激しく男性を非難。男性は学会や研究会に出席しにくくなった。13年に市立大の別の教授に相談したが助力は得られず、17年に市立大に救済を申し立て。市立大は2年後、教員がすでに大学に所属していないことなどを理由に調査を拒否し、その後の調査依頼にも応じないという。

 男性は大学側の対応について「アカハラを注意するどころか長期間ごまかそうとした」と主張。市立大は「男性から救済申し立てがあったかどうかも含めて公表できない」としている。

【関連記事】
岐阜大『社会のクズ』アカハラ 元院生に110万円支払い命令
下関市大教授が学内で十数人にパワハラ・アカハラ、諭旨解雇
中央大法教授 女子学生にセクハラとアカハラ 大学側処分検討
元研究員の女性、アカハラで愛媛大学を提訴 
アカハラ相談を2年放置 広島大副学長が会見で謝罪

世界のペットショップ
null
出会いランキング
2ショットチャット
カードでお金

時効1か月前逮捕の3人、処分保留で釈放(読売新聞)

 茨城県牛久市で1995年、ホテル経営者の男性が縛られて時計を奪われ、死亡した事件で、水戸地検は25日、時効成立約1か月前に強盗致死容疑で逮捕された男性3人を処分保留のまま釈放したと発表した。

 水戸地検の山下輝年・次席検事は「時効まで補充捜査を遂げて処分を決める」と話しているが、不起訴となる見通し。

 釈放されたのは、千葉県白井市根、無職梶原清吾さん(72)、同県松戸市和名ヶ谷、無職松本武男さん(71)、同県鎌ヶ谷市中佐津間、無職男性(72)の3人。

 この事件は、95年1月17日夕、牛久市南、飲食店兼ホテル経営松田行雄さん(当時68歳)が自宅で、両腕を後ろ手に縛られるなどして腕時計1個(30万円相当)を奪われ、病院で翌18日、死亡した。

 有力な手がかりがないまま捜査は難航し、強盗致死罪の公訴時効(15年)が来年1月17日午前0時に迫っていた。牛久署は捜査の洗い直しを進め、今月5日、3人の逮捕に踏み切った。

 捜査関係者によると、3人は「やっていない」などと容疑を否認し、物証が乏しいことから起訴するのに十分な証拠が得られなかったとみられる。

 3人の中には、海外にいたため、時効成立が来年1月17日より後となる人もいるが、いずれも公訴時効成立とともに不起訴になるとみられる。

不景気を嘆く
猫研究室
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット

警部補、盗撮容疑で逮捕=駅ビルで女子高生狙う-神奈川県警(時事通信)

警部補、盗撮容疑で逮捕=駅ビルで女子高生狙う-神奈川県警(時事通信)

 横浜駅の駅ビルで女子高生(15)のスカート内を盗撮したとして、神奈川県警は15日、県迷惑行為防止条例違反容疑で、県警南署刑事課の警部補永井一之容疑者(32)を現行犯逮捕した。 

【関連ニュース】
日経社員を不起訴処分=都条例違反事件
女性警官に痴漢=飲食店店長を現行犯逮捕
現金など盗んだ男性尉官を免職=盗撮陸曹は停職
空自2曹、盗撮容疑で逮捕=女子高生スカート内にカメラ
電車内で下半身押し付ける=近畿農政局課長を逮捕

パチンコ奮闘記
思うこと。。。
競馬情報
パチンコ攻略
ネイルサロン

<大分・高崎山>ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚(毎日新聞)

<大分・高崎山>ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚(毎日新聞)

 大分市高崎山自然動物園のニホンザルB群(491匹)で、11年にわたってオスザルの序列1位を守ってきたゴルゴ(32歳)が失脚し、推定27歳のタイガーが15代目のボスザルになった。寅(とら)年の来年元日に就任式がある。

 同園によると、先月26日、2匹の間にピーナツを置き、どちらが取るか試した。前日まで手を出さなかったタイガーが取り、序列の変化が確認されたという。同園によると、25~26日に何らかの交代劇があったようだが、詳細は不明という。

 ボスザルは群で最も長く暮らす個体が務め、ゴルゴは98年9月に就任。高崎山のボスザル在位最長記録(9年9カ月)を昨年更新した。タイガーは03年にC群から移籍し、07年から序列2位。人間に換算するとゴルゴは100歳超、タイガーは70~80歳という。高崎山には別にC群(836匹)がある。

 タイガーはゴルフのタイガー・ウッズ選手にちなんで名付けられた。子ザルの遊び場に人が近づくと警戒に来るなど仲間思いで、もめ事が起きた時も「トラブルがあるとすぐにその場を去るゴルゴとは反対の性格」という。職員の種村将さん(36)は「偉くなっても変わらず今までの行動を続ければ、人気のあるボスザルになるでしょう」と話している。【小畑英介】

【関連ニュース】
サル虐待:プロレスラーら4人に略式命令 神戸簡裁
ニホンザル:のんびり露天風呂 北海道函館
ニホンザル:健診、全59頭異常なし--桐生が岡動物園 /群馬
2009歳末点描:高崎山で「猿口」調査 /大分
おおいた評論:42.195キロ /大分

d74i7mx2の日記
アルバニア語を勉強中
無料携帯ホームページ
出会いランキング
クレジットカード現金化 即日

ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸]

ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸](ゼノサーガ エピソード ツー[ぜんあくのひがん])は、モノリスソフトが制作、 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が2004年6月24日に発売したプレイステーション2用ロールプレイングゲーム。ゼノサーガシリーズの第2作目にあたる。CEROレーティング12歳以上対象。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]ストーリー旧ミルチア市街地第二ミルチア - クーカイ・ファウンデーションモモ深層領域曙光オルムス機動要塞ラビュリントスオメガシステム局所事象変移 - エンディング登場人物詳細は「ゼノサーガの登場人物一覧」を参照兵器A.G.W.S.(エイグス)Anti Gnosis Weapon System(アンチ・グノーシス・ウェポンシステム。対グノーシス用戦闘兵器体系)の略。対グノーシス用の人型兵器。A.M.W.S.(エイムス)Assault Maneuver Weapon System(アサルト・マニューバー・ウェポンシステム。強襲用機動兵器体系)の略。A.M.W.S.を小型化、対グノーシス戦闘用に改良したものがA.G.W.Sである。E.S.(イー・エス)アニマの器に、外装を取り付けることによって人型兵器として利用した姿。その性能はA.M.W.S.などよりはるかに高い。用語U.M.N.(ユー・エヌ・エム)Unus Mundus Network(ウーヌス・ムンドゥス・ネットワーク)の略。全宇宙を結ぶ超広域の情報ネットワーク。U.R.T.V.(ユー・アール・ティー・ブイ)U-DO Retro Virusの略。ウ・ドゥが発生させる波形の対位相の思念波を発生できるよう遺伝子操作された人工培養児。ガイナン・クーカイ、Jr.、アルベドなどがこれにあたる。アニマの器ゾハルと同時期に発見されたと言われる謎の物体。E.S.の動力炉となる。ウ・ドゥU.M.N.の核として機能するゾハル制御システムと言われているが、実体は謎。グノーシスミルチア紛争後に多数発生するようになった謎の生物。人間を襲う。ジグラットシリーズジグラット・インダストリー製のサイボーグ。ジギーはジグラット8にあたるジグラットシリーズ最後のサイボーグ。ゾハル4000年前地球の遺跡より発掘された謎のエネルギー機関。レアリエン人間によって作り出された合成人間。最低限の人権を認められている。ロスト・エルサレム人類発祥の地である地球のこと。現在は所在不明になっている。作品に対する定評本作はゼノサーガシリーズの第2作目にあたり、前作であるゼノサーガ エピソードI[力への意志]の直接的な続編にあたる。前作からメインスタッフのほとんどが変更されている。ゼノギアス、ゼノサーガエピソードIで監督、脚本を務めた高橋哲哉は原案に退き、監督はマップデザイナーだった新井考、脚本は「FRONT MISSION3」等を担当した米坂典彦が務めている。またゼノギアスからシリーズの音楽を担当していた光田康典、キャラクターデザイン・イラスト担当の田中久仁彦らもスタッフから外れている。田中は、当初エピソードIIもイメージイラストの担当をする予定だったが、麦谷興一やモノリスソフト社内スタッフによるイラストに変更となった。田中は「キャラクターイラストレーション」としてクレジットされているが、エピソードIIにあたって新規に書き下ろされたイラストは存在せず、田中のホームページのWORKS(職歴)の項目にも本作についての関わり合いは記載されていない。本作ではG2キャンペーン(G2はGet Globalの略)という多数のサブイベントが用意されている。サブイベントである以上これらは任意で行うことができ、また自由に中断し本編を進めることが可能である。ただ実際にはサブイベントクリアが重要なスキルの取得条件に繋がっているため、プレイヤーはスキル獲得のためG2キャンペーンを進行せざるを得ず、結果ゲームの自由度は大きく低下している。他の特色として、格闘ゲームなどに見られる連続コンボや追い打ち攻撃を意識した戦闘システムがある。このシステムは、コマンド入力式の戦闘方法で複数のキャラクターによって起こす連続攻撃の爽快感や一方的な攻めの展開を再現しているが、反面連続攻撃に必要な条件を満たすまでに多くの作業時間を要し一回の戦闘時間が無駄に長いこと、その間無防備に敵の攻撃を受け続けることなどが問題となっており、賛否が分かれている。基本的にゲームバランスが悪く、敵のHP、攻撃力共に高い為、これも戦闘が長引く要因となっている。従来とは異なり装備品は一切存在せず、習得したスキルを装備すると言う形になっている。ショップも存在しない為、消費アイテムは全て敵が落とすか、宝箱から拾うかして手に入れなければならない。また主要女性キャラクターのみ、グラフィックデザインが前作から大幅に変更されている。どれも前作とは似ても似つかぬ容貌であり、全くの別人と化した者もいる。前作のアニメ然としたキャラクターデザインを否定していたプレイヤーはこの変更を歓迎したが、一方で前作のイメージが破壊されたと否定するプレイヤーも多く、これも賛否両論となっている(詳しくは邪神モッコスも参照のこと)。男性キャラクターや一部の女性キャラクターはほとんど手を入れられていないことからも、単純なキャラクターデザイン変更ではなく、前作でのキャラクターデザインにおける賛否の声の否の部分だけを強く尊重していることが分かる。ただ以降のシリーズ、及びクロスオーバー作品(NAMCO x CAPCOMなど)では『エピソードI』をベースとしたキャラクターデザインで登場する事の方が多い。エピソードIIIでもエピソードIとエピソードIIの間を取ったようなデザインになっており、エピソードIIのデザインが続編を含めて他の作品で登場している例は少ない(ほぼ無いと言って良い)。その他、前作ではコミュニケーションを取ることが出来なかったグノーシスが普通に共通の言葉を話す、登場キャラクターのセリフに一貫性がなく前作と別人になっている、シリーズに似つかわしくない不自然な文章が多い、ダンジョンの謎解きが不自然で世界観に合っていない、再登場するような事を言っていた前作の隠しボスに全く触れず新たな隠しボスを定着させるなど、特に前作との繋がりを否定し設定を覆してしまうような不可思議な現象が多く、それらに対して納得のいく説明もないため、シリーズを通しての整合性に疑問を投げかける声は根強い。このように本作は、いい意味でも悪い意味でもスタッフの刷新による唐突な作品イメージの変貌があり、その結果プレイヤー間に非常に多くの混乱と賛否の嵐を巻き起こしたことでも話題になった。特にこのゲームを語る上で重要なシナリオ面での不備や齟齬に関しては、原案を提供する高橋哲哉本人が暗に認める発言をしており(外部リンクを参照のこと)、エピソードII部分の大幅な見直しと追加、エピソードIとのシナリオ統一を図ったゼノサーガI・IIが後に発売されている事からも、本作の(特にシナリオ面での)破綻ぶりを伺い知ることが出来る。以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。製作スタッフディレクター:新井考原案・監修:高橋哲哉脚本:米坂典彦音楽:梶浦由記プロデューサー:萩原智洋エグゼクティブプロデューサー?: 杉浦博英関連項目モノリスソフト外部リンクバンダイナムコゲームスによる紹介ページ高橋、竹田スペシャル対談(前編)高橋、竹田スペシャル対談(後編) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89II%EF%BC%BB%E5%96%84%E6%82%AA%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%B2%B8%EF%BC%BD」より作成カテゴリ: ゼノサーガ | プレイステーション2用ソフト | 2004年のコンピュータゲーム | ファミ通文庫 | ゼノシリーズ隠しカテゴリ: コンピュータゲーム関連のスタブ記事ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸](ゼノサーガ エピソード ツー[ぜんあくのひがん])は、モノリスソフトが制作、 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が2004年6月24日に発売したプレイステーション2用ロールプレイングゲーム。ゼノサーガシリーズの第2作目にあたる。CEROレーティング12歳以上対象。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]ストーリー旧ミルチア市街地第二ミルチア - クーカイ・ファウンデーションモモ深層領域曙光オルムス機動要塞ラビュリントスオメガシステム局所事象変移 - エンディング登場人物詳細は「ゼノサーガの登場人物一覧」を参照兵器A.G.W.S.(エイグス)Anti Gnosis Weapon System(アンチ・グノーシス・ウェポンシステム。対グノーシス用戦闘兵器体系)の略。対グノーシス用の人型兵器。A.M.W.S.(エイムス)Assault Maneuver Weapon System(アサルト・マニューバー・ウェポンシステム。強襲用機動兵器体系)の略。A.M.W.S.を小型化、対グノーシス戦闘用に改良したものがA.G.W.Sである。E.S.(イー・エス)アニマの器に、外装を取り付けることによって人型兵器として利用した姿。その性能はA.M.W.S.などよりはるかに高い。用語U.M.N.(ユー・エヌ・エム)Unus Mundus Network(ウーヌス・ムンドゥス・ネットワーク)の略。全宇宙を結ぶ超広域の情報ネットワーク。U.R.T.V.(ユー・アール・ティー・ブイ)U-DO Retro Virusの略。ウ・ドゥが発生させる波形の対位相の思念波を発生できるよう遺伝子操作された人工培養児。ガイナン・クーカイ、Jr.、アルベドなどがこれにあたる。アニマの器ゾハルと同時期に発見されたと言われる謎の物体。E.S.の動力炉となる。ウ・ドゥU.M.N.の核として機能するゾハル制御システムと言われているが、実体は謎。グノーシスミルチア紛争後に多数発生するようになった謎の生物。人間を襲う。ジグラットシリーズジグラット・インダストリー製のサイボーグ。ジギーはジグラット8にあたるジグラットシリーズ最後のサイボーグ。ゾハル4000年前地球の遺跡より発掘された謎のエネルギー機関。レアリエン人間によって作り出された合成人間。最低限の人権を認められている。ロスト・エルサレム人類発祥の地である地球のこと。現在は所在不明になっている。作品に対する定評本作はゼノサーガシリーズの第2作目にあたり、前作であるゼノサーガ エピソードI[力への意志]の直接的な続編にあたる。前作からメインスタッフのほとんどが変更されている。ゼノギアス、ゼノサーガエピソードIで監督、脚本を務めた高橋哲哉は原案に退き、監督はマップデザイナーだった新井考、脚本は「FRONT MISSION3」等を担当した米坂典彦が務めている。またゼノギアスからシリーズの音楽を担当していた光田康典、キャラクターデザイン・イラスト担当の田中久仁彦らもスタッフから外れている。田中は、当初エピソードIIもイメージイラストの担当をする予定だったが、麦谷興一やモノリスソフト社内スタッフによるイラストに変更となった。田中は「キャラクターイラストレーション」としてクレジットされているが、エピソードIIにあたって新規に書き下ろされたイラストは存在せず、田中のホームページのWORKS(職歴)の項目にも本作についての関わり合いは記載されていない。本作ではG2キャンペーン(G2はGet Globalの略)という多数のサブイベントが用意されている。サブイベントである以上これらは任意で行うことができ、また自由に中断し本編を進めることが可能である。ただ実際にはサブイベントクリアが重要なスキルの取得条件に繋がっているため、プレイヤーはスキル獲得のためG2キャンペーンを進行せざるを得ず、結果ゲームの自由度は大きく低下している。他の特色として、格闘ゲームなどに見られる連続コンボや追い打ち攻撃を意識した戦闘システムがある。このシステムは、コマンド入力式の戦闘方法で複数のキャラクターによって起こす連続攻撃の爽快感や一方的な攻めの展開を再現しているが、反面連続攻撃に必要な条件を満たすまでに多くの作業時間を要し一回の戦闘時間が無駄に長いこと、その間無防備に敵の攻撃を受け続けることなどが問題となっており、賛否が分かれている。基本的にゲームバランスが悪く、敵のHP、攻撃力共に高い為、これも戦闘が長引く要因となっている。従来とは異なり装備品は一切存在せず、習得したスキルを装備すると言う形になっている。ショップも存在しない為、消費アイテムは全て敵が落とすか、宝箱から拾うかして手に入れなければならない。また主要女性キャラクターのみ、グラフィックデザインが前作から大幅に変更されている。どれも前作とは似ても似つかぬ容貌であり、全くの別人と化した者もいる。前作のアニメ然としたキャラクターデザインを否定していたプレイヤーはこの変更を歓迎したが、一方で前作のイメージが破壊されたと否定するプレイヤーも多く、これも賛否両論となっている(詳しくは邪神モッコスも参照のこと)。男性キャラクターや一部の女性キャラクターはほとんど手を入れられていないことからも、単純なキャラクターデザイン変更ではなく、前作でのキャラクターデザインにおける賛否の声の否の部分だけを強く尊重していることが分かる。ただ以降のシリーズ、及びクロスオーバー作品(NAMCO x CAPCOMなど)では『エピソードI』をベースとしたキャラクターデザインで登場する事の方が多い。エピソードIIIでもエピソードIとエピソードIIの間を取ったようなデザインになっており、エピソードIIのデザインが続編を含めて他の作品で登場している例は少ない(ほぼ無いと言って良い)。その他、前作ではコミュニケーションを取ることが出来なかったグノーシスが普通に共通の言葉を話す、登場キャラクターのセリフに一貫性がなく前作と別人になっている、シリーズに似つかわしくない不自然な文章が多い、ダンジョンの謎解きが不自然で世界観に合っていない、再登場するような事を言っていた前作の隠しボスに全く触れず新たな隠しボスを定着させるなど、特に前作との繋がりを否定し設定を覆してしまうような不可思議な現象が多く、それらに対して納得のいく説明もないため、シリーズを通しての整合性に疑問を投げかける声は根強い。このように本作は、いい意味でも悪い意味でもスタッフの刷新による唐突な作品イメージの変貌があり、その結果プレイヤー間に非常に多くの混乱と賛否の嵐を巻き起こしたことでも話題になった。特にこのゲームを語る上で重要なシナリオ面での不備や齟齬に関しては、原案を提供する高橋哲哉本人が暗に認める発言をしており(外部リンクを参照のこと)、エピソードII部分の大幅な見直しと追加、エピソードIとのシナリオ統一を図ったゼノサーガI・IIが後に発売されている事からも、本作の(特にシナリオ面での)破綻ぶりを伺い知ることが出来る。以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。製作スタッフディレクター:新井考原案・監修:高橋哲哉脚本:米坂典彦音楽:梶浦由記プロデューサー:萩原智洋エグゼクティブプロデューサー?: 杉浦博英関連項目モノリスソフト外部リンクバンダイナムコゲームスによる紹介ページ高橋、竹田スペシャル対談(前編)高橋、竹田スペシャル対談(後編) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89II%EF%BC%BB%E5%96%84%E6%82%AA%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%B2%B8%EF%BC%BD」より作成カテゴリ: ゼノサーガ | プレイステーション2用ソフト | 2004年のコンピュータゲーム | ファミ通文庫 | ゼノシリーズ隠しカテゴリ: コンピュータゲーム関連のスタブ記事

コンゴ語 ~ショッピング編~
ご近所ニュース
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略

元厚生次官ら連続殺傷第4回公判 きょうから被告人質問(産経新聞)

元厚生次官ら連続殺傷第4回公判 きょうから被告人質問(産経新聞)

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区の無職、小泉毅被告(47)の第4回公判が16日午前10時から、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で開かれる。今公判から3回にわたって被告人質問が行われる予定で、「子供のころに飼っていた犬のあだ討ちだった」との理解しがたい動機を供述している小泉被告が法廷で何を語るのか注目される。

 14日からの集中審理で、刺殺された元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻の長男、琢磨さんら計6人が検察側の証人として出廷。琢磨さんが「極刑を希望する」と訴えるなど、被害者関係者が小泉被告に対する厳しい処罰感情を述べている。小泉被告はこうした悲痛な叫びに何の反応も示さなかった。

 検察側は冒頭陳述で、小泉被告は子供のころに飼っていた犬が保健所に処分されたと思い込んだ末、「保健所を所管するのは厚生省」と考え、同省次官経験者を多数殺害し、死刑になって人生を終えようとしていたなどと指摘している。

 また、小泉被告は11月26日の初公判で起訴事実は認めたものの、「無罪を主張する。私が殺したのは人ではなく、心が邪悪な魔物」などと述べている。

 一方、12月14日に証人出廷した小泉被告を精神鑑定した医師は、動機について愛犬の処分に対する恨みのほかに、「行政や一流企業などに対する大きな不満が潜在的にあったのではないか」と証言している。

 起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、山口さん夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(77)宅で、吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる。

【関連:元厚生次官ら連続殺傷事件公判】
[第3回公判] “ターゲット”の女性を凝視…一言もしゃべらず閉廷
[第2回公判] (1)証言台に衝立 重傷の妻「玄関のチャイムが鳴り…」
[第2回公判] (6)「手錠かけていいから遮蔽どかして」 被告の突然の“訴え”に裁判長は…
[第2回公判] (7)知能検査で“見栄”張る被告 鑑定医「背景に社会的不満」
元厚生次官殺傷の小泉被告、好きなモノは時代劇とナウシカ

意味深な話
zionguのブログ
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット
競馬情報

護衛艦衝突、元艦長と作業船船長を書類送検(読売新聞)

護衛艦衝突、元艦長と作業船船長を書類送検(読売新聞)

 神奈川県横須賀市の横須賀港内で昨年12月、海上自衛隊護衛艦「しらね」(5200トン)と作業船「第6本栄(もとえい)丸」(9・1トン)が衝突した事故で、第3管区海上保安本部(3管)は14日、双方の回避措置の遅れが衝突を招いたとして、しらね元艦長の1等海佐(49)と第6本栄丸の船長(53)を業務上過失往来危険容疑で横浜地検に書類送検した。

 事故は昨年12月15日午前8時半頃、横須賀市箱崎町の沖合で発生。海自横須賀基地を出航直後のしらねと左舷側から接近した第6本栄丸が衝突し、同船の屋根を破損した。けが人はなかった。

 海上幕僚監部は「検察の捜査結果が出るまでコメントを控えたい」としている。

力みなぎるブログ
サンゴ語 ~人生を変えた出会い~
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
競馬情報

民族衣装一覧

民族衣装一覧ここでは世界の民族衣装の一覧を記述する。目次1アジア2オセアニア3アフリカ4ヨーロッパ5無料携帯ホームページ6関連項目[編集]アジア日本:和服 アットゥシ(アイヌ)、琉装(沖縄)朝鮮:韓服(チマチョゴリ・パヂチョゴリなど)中国:旗袍(満州民族)債務整理・自己破産服(漢民族)台湾:方衣(高砂族)モンゴル:デールベトナム:アオザイタイ:パーシンクレジットカード現金化 比較:シー・スアーミャンマー:エンジー・ロンジーインドネシア:サロン・カバヤスレンダンインド:サリーチョリパンジャビスーツ ドウティブータン王国:アゼルバイジャン語を喋りたい ゴパキスタン:カミス・シャルワールアフガニスタン:チャドリレバースニーペロン・トンボンタジキスタン:アトラスクイナク債務整理・自己破産イラン:チャルシャフサウジアラビア:タウブ ガンドーラバーヌーズアガールケフィイエトルコ:カフタン[編集]オセアニアメラネシア:タパクレジットカード現金化:スル トンガ:ツベヌ タオバラサモア諸島:ラバラバタヒチ島:パレオ[編集]アフリカアルジェリア:ハイクラジャール出会いランキング:ケンテモロッコ:ジェラバリタムエジプト:ミラーヤ ガラビアケニア:カンガマリ:クレジットカード現金化ニジェール:トベリタム[編集]ヨーロッパイタリア:トガ(古代ローマ)マニカ・スタッカビーレオランダ:サボギリシャ:ヒマティオン(古代)フスタネラブルガリア:ゲール語 ~食事編~ロシア:ソロチカプラフタファルトクコルセトカエストニア:サルクカイセッドリトアニア:マルシュキニアイイギリス:キルト(クレジットカード現金化 比較)サーコートドイツ:レーダーホーゼンオーストリア:ディンドルフランス:コアフフィンランド:プク  [編集]アメリカポンチョメキシコ:ウイビルサラベ ケチケミトルパナマ:ポリエラアルゼンチン:ソンブレロカミサボンバチャチリ:ポンチョペルー:マンテイーヤグアテマラ:レファヨ ウィピール・コルテ ペラッヘ スーテボリビア:ポリェラアメリカ:アノラック(イヌイット)[編集]関連項目民族文化ファッション着物洋服この「民族衣装一覧」は世界の地理に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:地理/PJ世界の旅)。この「民族衣装一覧」はファッションに関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています(ポータルファッション)。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%97%8F%E8%A1%A3%E8%A3%85%E4%B8%80%E8%A6%A7」より作成カテゴリ:民族衣装|一覧|地理の一覧|地域別の民族隠しカテゴリ:世界地理関連のスタブ項目|ファッションに関するスタブ項目

オーダイン

ジャンルシューティングゲーム対応機種アーケード[AC]PCエンジン[PCE]開発元バンダイナムコゲームス発売元バンダイナムコゲームス人数1~2人発売日[AC]1988年[PCE]:1989年9月8日 表・話・編・歴 『オーダイン』(ORDYNE)は、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が1988年に発売したアーケード用シューティングゲーム。目次1概要2コンシューマー移植3その他4外部リンク[編集]概要天才科学者、泊裕一郎(とまり・ゆう現金化口コミ)が、オーダインもろとも悪人クボタ(あくにん・くぼた)にさらわれた婚約者、相原香奈(あいはら・かな)を救うため、弟子のサンデー珍(ちん)とともに戦闘機に乗り込み、クボタを追うというストーリー。タイトルにもなっている『オーダイン』とは、泊博士が開発した『あらゆる物質を好きなものに変えることが出来る』原子変換装置の名前である。システムII基板第2弾。同基板の回転、拡大縮小機能を十二分に利用し、背景に固定された障害物が回転したり、敵キャラクターがローリングしながら体当たりするなど、これまでのシューティングとは一線を画した独特の演出が目を引く。また、ゲーム中に獲得したクリスタル(通貨)によってパワーアップ用の装備を購入したり、福引をしたりすることが出来るのも特徴のひとつ。ステージ終了後にボスを絡めた泊博士と珍の1コママンガを思わせるグラフィックが表示されるなど、全体的にポップでコミカルな世界観が特徴。BGMは細江慎パチンコ攻略がてがけている。8方向1レバー、2ボタン(ショット、ボム)で自機を操作する。全7ラウンド。[編集]コンシューマー移植PCエンジン版(HuCARD)プレイステーション[編集]その他ワールドスタジアムEXに、オーダインのボーカル曲が収録されている。太鼓の達人に、オーダインのBGMのメドレーをアレンジした「大打音(読みはオーダイン。当て字。)」が収録されている。この曲は達人譜面になると、登場するすべての音符が大音符になる一風変わった曲である。[編集]外部リンクバーチャルコンソールオーダインレトロゲームしま専科-オーダイン攻略この「オーダイン」はコンピュータゲームに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:ゲーム/PJコンピュータゲーム)。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3」より作成カテゴリ:1988年のコンピュータゲーム|ナムコのゲームソフト|シューティングゲーム|アーケードゲーム作品|PCエンジン用ソフト|バーチャルコンソール対応ソフト隠しカテゴリ:コンピュータゲーム関連のスタブ記事

ホームパーティーにおいて、実は女の子に喜ばれる行動9パターン



クリスマスに忘年会、新年会。ホームパーティーにお呼ばれする機会の多いこの季節、どうせなら楽しくワイワイ盛り上がりたいものです。しかし肝心なポイントがひとつ。それは「ホームパーティーは、必ず誰かの家で行われる」のだということです。お店で飲食する場合とは違う、ちょっとした気遣いで、女の子に喜んでもらえるかもしれません。


【1】手土産は、デザートを担当してみる
気の利いた手土産を持っていくと、みんなに喜ばれます。できればその場で取り分けて食べられるようなものがいいでしょう。パーティーを準備する人の負担を考えて、「ケーキを持っていくからデザートは任せて!」なんて申し出をすれば、その心遣いはきっと評価されます。


【2】重たいパスタ鍋は男子が持つべし
たとえば6人分のパスタを茹でる場合、茹で上がった麺の重量だけで1.5キロ、お湯も含めると5キロ近い鍋を持ち上げ、湯切りをしなくてはなりません。重たい鍋や調理器具を扱うのは、女の子には重労働なのです。そんなとき、さりげなく手を貸してくれたり、作業を代わってくれる男子がいたら、率直に感謝されるはずです。


【3】「この料理美味しいね」と、みんなの前で褒める
「この料理美味しいね」と、準備してくれた人をみんなの前で褒めましょう。そうすることで、ほかのメンバーからもねぎらいの言葉が次々と出てくるはずです。なごやかな雰囲気作りをできる男子は重宝されます。


【4】カラのグラスに気を配る
欧米では、ワインやビールといった飲み物を注ぐのは男性の役割です。グラスが空いている人への気配りをしましょう。アルコールが苦手な女の子や、車で来ている人への配慮も忘れずに。


【5】ビールの買い出し、つまみの補充。ひとっ走りなら任せて!
「ビールが足りない」「飲み物をこぼしちゃった」など、ちょっとしたハプニングはつきものです。ぱっと立ち上がって買い物に走ったり、汚れを雑巾でさっと拭ったり、臨機応変に対応してくれる男子がいたら、女の子は心強いでしょう。


【6】沈黙が10秒続いたら頭をフル回転、ネタを投下する
ぽつんと取り残されている人がいないか、一部の人だけで盛り上がっていないか、全体を見渡しましょう。沈黙が10秒続いたら、とりあえず頭をフル回転。共通の知人の話題でも、昨日観たテレビのことでも、なんでもいいのでとにかくネタを投下すべし。女の子たちは盛り上げ役を必要としているのです。


【7】片付けは、楽しくみんなでワイワイと
ホームパーティーの後片付けは、非常に大変です。終わりの時間が近づいたら、明るく片付けの声掛けをしましょう。皿洗いもテーブル拭きも、みんなでやったらあっというまです。


【8】掃除、ゴミ出しもぬかりなく
せっかく片付けを手伝っても、ゴミの分別がいい加減だと、やり直さなくてはなりません。また、キッチンの整頓や掃除の手順には、その家々のやりかたがあります。お家のかたに段取りを聞きながら手伝いましょう。


【9】盛り上がったら、次回パーティーの計画を
楽しかったホームパーティー、だらだらと長居は禁物です。もてなしへの感謝を伝え、和気あいあいとした余韻の残るうちに解散しましょう。できれば、次回パーティーの計画なんかを話し合いつつ、終了できれば最高です。率先して企画することを、みんなに約束しましょう。

ホームパーティーでは、他にどんな行動が女の子に喜ばれるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(松田久美子)

スゴレン関連コラム

女の子が「人間的にはいい人」どまりだと判断する行動9パターン
25歳以上の彼氏に求めること9つ
話を聞くとき、女の子を怒らせる態度9パターン
彼女が「大事にされている」と感じる瞬間9パターン
彼女が絶句するプレゼント9パターン

これなんの写真?




ビッグバン? いやいや、凸レンズに閉じ込められた虹だそうですよ。

直径4.5ミリメートルの凸レンズを、30ナノメーターのゴールドフィルムとガラス膜に金を吹き付けたものでコーティング。さらに、レーザービームをレンズとガラスに当てて屈折させてできた虹を凸レンズに閉じ込めて、それを顕微鏡でみたのがこの写真というわけです。宇宙空間の勇壮な光に見えますけど、実際にはミクロな世界で起きてたんですね。

この虹の向こうではきっと小人さんが生活するファンタジーな世界が広がっていることでしょう。


(画像提供:Carla216)

[Arxiv via New Scientist]

Kat Hannaford(原文/野間恒毅)
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。