スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸]

ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸](ゼノサーガ エピソード ツー[ぜんあくのひがん])は、モノリスソフトが制作、 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が2004年6月24日に発売したプレイステーション2用ロールプレイングゲーム。ゼノサーガシリーズの第2作目にあたる。CEROレーティング12歳以上対象。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]ストーリー旧ミルチア市街地第二ミルチア - クーカイ・ファウンデーションモモ深層領域曙光オルムス機動要塞ラビュリントスオメガシステム局所事象変移 - エンディング登場人物詳細は「ゼノサーガの登場人物一覧」を参照兵器A.G.W.S.(エイグス)Anti Gnosis Weapon System(アンチ・グノーシス・ウェポンシステム。対グノーシス用戦闘兵器体系)の略。対グノーシス用の人型兵器。A.M.W.S.(エイムス)Assault Maneuver Weapon System(アサルト・マニューバー・ウェポンシステム。強襲用機動兵器体系)の略。A.M.W.S.を小型化、対グノーシス戦闘用に改良したものがA.G.W.Sである。E.S.(イー・エス)アニマの器に、外装を取り付けることによって人型兵器として利用した姿。その性能はA.M.W.S.などよりはるかに高い。用語U.M.N.(ユー・エヌ・エム)Unus Mundus Network(ウーヌス・ムンドゥス・ネットワーク)の略。全宇宙を結ぶ超広域の情報ネットワーク。U.R.T.V.(ユー・アール・ティー・ブイ)U-DO Retro Virusの略。ウ・ドゥが発生させる波形の対位相の思念波を発生できるよう遺伝子操作された人工培養児。ガイナン・クーカイ、Jr.、アルベドなどがこれにあたる。アニマの器ゾハルと同時期に発見されたと言われる謎の物体。E.S.の動力炉となる。ウ・ドゥU.M.N.の核として機能するゾハル制御システムと言われているが、実体は謎。グノーシスミルチア紛争後に多数発生するようになった謎の生物。人間を襲う。ジグラットシリーズジグラット・インダストリー製のサイボーグ。ジギーはジグラット8にあたるジグラットシリーズ最後のサイボーグ。ゾハル4000年前地球の遺跡より発掘された謎のエネルギー機関。レアリエン人間によって作り出された合成人間。最低限の人権を認められている。ロスト・エルサレム人類発祥の地である地球のこと。現在は所在不明になっている。作品に対する定評本作はゼノサーガシリーズの第2作目にあたり、前作であるゼノサーガ エピソードI[力への意志]の直接的な続編にあたる。前作からメインスタッフのほとんどが変更されている。ゼノギアス、ゼノサーガエピソードIで監督、脚本を務めた高橋哲哉は原案に退き、監督はマップデザイナーだった新井考、脚本は「FRONT MISSION3」等を担当した米坂典彦が務めている。またゼノギアスからシリーズの音楽を担当していた光田康典、キャラクターデザイン・イラスト担当の田中久仁彦らもスタッフから外れている。田中は、当初エピソードIIもイメージイラストの担当をする予定だったが、麦谷興一やモノリスソフト社内スタッフによるイラストに変更となった。田中は「キャラクターイラストレーション」としてクレジットされているが、エピソードIIにあたって新規に書き下ろされたイラストは存在せず、田中のホームページのWORKS(職歴)の項目にも本作についての関わり合いは記載されていない。本作ではG2キャンペーン(G2はGet Globalの略)という多数のサブイベントが用意されている。サブイベントである以上これらは任意で行うことができ、また自由に中断し本編を進めることが可能である。ただ実際にはサブイベントクリアが重要なスキルの取得条件に繋がっているため、プレイヤーはスキル獲得のためG2キャンペーンを進行せざるを得ず、結果ゲームの自由度は大きく低下している。他の特色として、格闘ゲームなどに見られる連続コンボや追い打ち攻撃を意識した戦闘システムがある。このシステムは、コマンド入力式の戦闘方法で複数のキャラクターによって起こす連続攻撃の爽快感や一方的な攻めの展開を再現しているが、反面連続攻撃に必要な条件を満たすまでに多くの作業時間を要し一回の戦闘時間が無駄に長いこと、その間無防備に敵の攻撃を受け続けることなどが問題となっており、賛否が分かれている。基本的にゲームバランスが悪く、敵のHP、攻撃力共に高い為、これも戦闘が長引く要因となっている。従来とは異なり装備品は一切存在せず、習得したスキルを装備すると言う形になっている。ショップも存在しない為、消費アイテムは全て敵が落とすか、宝箱から拾うかして手に入れなければならない。また主要女性キャラクターのみ、グラフィックデザインが前作から大幅に変更されている。どれも前作とは似ても似つかぬ容貌であり、全くの別人と化した者もいる。前作のアニメ然としたキャラクターデザインを否定していたプレイヤーはこの変更を歓迎したが、一方で前作のイメージが破壊されたと否定するプレイヤーも多く、これも賛否両論となっている(詳しくは邪神モッコスも参照のこと)。男性キャラクターや一部の女性キャラクターはほとんど手を入れられていないことからも、単純なキャラクターデザイン変更ではなく、前作でのキャラクターデザインにおける賛否の声の否の部分だけを強く尊重していることが分かる。ただ以降のシリーズ、及びクロスオーバー作品(NAMCO x CAPCOMなど)では『エピソードI』をベースとしたキャラクターデザインで登場する事の方が多い。エピソードIIIでもエピソードIとエピソードIIの間を取ったようなデザインになっており、エピソードIIのデザインが続編を含めて他の作品で登場している例は少ない(ほぼ無いと言って良い)。その他、前作ではコミュニケーションを取ることが出来なかったグノーシスが普通に共通の言葉を話す、登場キャラクターのセリフに一貫性がなく前作と別人になっている、シリーズに似つかわしくない不自然な文章が多い、ダンジョンの謎解きが不自然で世界観に合っていない、再登場するような事を言っていた前作の隠しボスに全く触れず新たな隠しボスを定着させるなど、特に前作との繋がりを否定し設定を覆してしまうような不可思議な現象が多く、それらに対して納得のいく説明もないため、シリーズを通しての整合性に疑問を投げかける声は根強い。このように本作は、いい意味でも悪い意味でもスタッフの刷新による唐突な作品イメージの変貌があり、その結果プレイヤー間に非常に多くの混乱と賛否の嵐を巻き起こしたことでも話題になった。特にこのゲームを語る上で重要なシナリオ面での不備や齟齬に関しては、原案を提供する高橋哲哉本人が暗に認める発言をしており(外部リンクを参照のこと)、エピソードII部分の大幅な見直しと追加、エピソードIとのシナリオ統一を図ったゼノサーガI・IIが後に発売されている事からも、本作の(特にシナリオ面での)破綻ぶりを伺い知ることが出来る。以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。製作スタッフディレクター:新井考原案・監修:高橋哲哉脚本:米坂典彦音楽:梶浦由記プロデューサー:萩原智洋エグゼクティブプロデューサー?: 杉浦博英関連項目モノリスソフト外部リンクバンダイナムコゲームスによる紹介ページ高橋、竹田スペシャル対談(前編)高橋、竹田スペシャル対談(後編) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89II%EF%BC%BB%E5%96%84%E6%82%AA%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%B2%B8%EF%BC%BD」より作成カテゴリ: ゼノサーガ | プレイステーション2用ソフト | 2004年のコンピュータゲーム | ファミ通文庫 | ゼノシリーズ隠しカテゴリ: コンピュータゲーム関連のスタブ記事ゼノサーガ エピソードII[善悪の彼岸](ゼノサーガ エピソード ツー[ぜんあくのひがん])は、モノリスソフトが制作、 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が2004年6月24日に発売したプレイステーション2用ロールプレイングゲーム。ゼノサーガシリーズの第2作目にあたる。CEROレーティング12歳以上対象。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]ストーリー旧ミルチア市街地第二ミルチア - クーカイ・ファウンデーションモモ深層領域曙光オルムス機動要塞ラビュリントスオメガシステム局所事象変移 - エンディング登場人物詳細は「ゼノサーガの登場人物一覧」を参照兵器A.G.W.S.(エイグス)Anti Gnosis Weapon System(アンチ・グノーシス・ウェポンシステム。対グノーシス用戦闘兵器体系)の略。対グノーシス用の人型兵器。A.M.W.S.(エイムス)Assault Maneuver Weapon System(アサルト・マニューバー・ウェポンシステム。強襲用機動兵器体系)の略。A.M.W.S.を小型化、対グノーシス戦闘用に改良したものがA.G.W.Sである。E.S.(イー・エス)アニマの器に、外装を取り付けることによって人型兵器として利用した姿。その性能はA.M.W.S.などよりはるかに高い。用語U.M.N.(ユー・エヌ・エム)Unus Mundus Network(ウーヌス・ムンドゥス・ネットワーク)の略。全宇宙を結ぶ超広域の情報ネットワーク。U.R.T.V.(ユー・アール・ティー・ブイ)U-DO Retro Virusの略。ウ・ドゥが発生させる波形の対位相の思念波を発生できるよう遺伝子操作された人工培養児。ガイナン・クーカイ、Jr.、アルベドなどがこれにあたる。アニマの器ゾハルと同時期に発見されたと言われる謎の物体。E.S.の動力炉となる。ウ・ドゥU.M.N.の核として機能するゾハル制御システムと言われているが、実体は謎。グノーシスミルチア紛争後に多数発生するようになった謎の生物。人間を襲う。ジグラットシリーズジグラット・インダストリー製のサイボーグ。ジギーはジグラット8にあたるジグラットシリーズ最後のサイボーグ。ゾハル4000年前地球の遺跡より発掘された謎のエネルギー機関。レアリエン人間によって作り出された合成人間。最低限の人権を認められている。ロスト・エルサレム人類発祥の地である地球のこと。現在は所在不明になっている。作品に対する定評本作はゼノサーガシリーズの第2作目にあたり、前作であるゼノサーガ エピソードI[力への意志]の直接的な続編にあたる。前作からメインスタッフのほとんどが変更されている。ゼノギアス、ゼノサーガエピソードIで監督、脚本を務めた高橋哲哉は原案に退き、監督はマップデザイナーだった新井考、脚本は「FRONT MISSION3」等を担当した米坂典彦が務めている。またゼノギアスからシリーズの音楽を担当していた光田康典、キャラクターデザイン・イラスト担当の田中久仁彦らもスタッフから外れている。田中は、当初エピソードIIもイメージイラストの担当をする予定だったが、麦谷興一やモノリスソフト社内スタッフによるイラストに変更となった。田中は「キャラクターイラストレーション」としてクレジットされているが、エピソードIIにあたって新規に書き下ろされたイラストは存在せず、田中のホームページのWORKS(職歴)の項目にも本作についての関わり合いは記載されていない。本作ではG2キャンペーン(G2はGet Globalの略)という多数のサブイベントが用意されている。サブイベントである以上これらは任意で行うことができ、また自由に中断し本編を進めることが可能である。ただ実際にはサブイベントクリアが重要なスキルの取得条件に繋がっているため、プレイヤーはスキル獲得のためG2キャンペーンを進行せざるを得ず、結果ゲームの自由度は大きく低下している。他の特色として、格闘ゲームなどに見られる連続コンボや追い打ち攻撃を意識した戦闘システムがある。このシステムは、コマンド入力式の戦闘方法で複数のキャラクターによって起こす連続攻撃の爽快感や一方的な攻めの展開を再現しているが、反面連続攻撃に必要な条件を満たすまでに多くの作業時間を要し一回の戦闘時間が無駄に長いこと、その間無防備に敵の攻撃を受け続けることなどが問題となっており、賛否が分かれている。基本的にゲームバランスが悪く、敵のHP、攻撃力共に高い為、これも戦闘が長引く要因となっている。従来とは異なり装備品は一切存在せず、習得したスキルを装備すると言う形になっている。ショップも存在しない為、消費アイテムは全て敵が落とすか、宝箱から拾うかして手に入れなければならない。また主要女性キャラクターのみ、グラフィックデザインが前作から大幅に変更されている。どれも前作とは似ても似つかぬ容貌であり、全くの別人と化した者もいる。前作のアニメ然としたキャラクターデザインを否定していたプレイヤーはこの変更を歓迎したが、一方で前作のイメージが破壊されたと否定するプレイヤーも多く、これも賛否両論となっている(詳しくは邪神モッコスも参照のこと)。男性キャラクターや一部の女性キャラクターはほとんど手を入れられていないことからも、単純なキャラクターデザイン変更ではなく、前作でのキャラクターデザインにおける賛否の声の否の部分だけを強く尊重していることが分かる。ただ以降のシリーズ、及びクロスオーバー作品(NAMCO x CAPCOMなど)では『エピソードI』をベースとしたキャラクターデザインで登場する事の方が多い。エピソードIIIでもエピソードIとエピソードIIの間を取ったようなデザインになっており、エピソードIIのデザインが続編を含めて他の作品で登場している例は少ない(ほぼ無いと言って良い)。その他、前作ではコミュニケーションを取ることが出来なかったグノーシスが普通に共通の言葉を話す、登場キャラクターのセリフに一貫性がなく前作と別人になっている、シリーズに似つかわしくない不自然な文章が多い、ダンジョンの謎解きが不自然で世界観に合っていない、再登場するような事を言っていた前作の隠しボスに全く触れず新たな隠しボスを定着させるなど、特に前作との繋がりを否定し設定を覆してしまうような不可思議な現象が多く、それらに対して納得のいく説明もないため、シリーズを通しての整合性に疑問を投げかける声は根強い。このように本作は、いい意味でも悪い意味でもスタッフの刷新による唐突な作品イメージの変貌があり、その結果プレイヤー間に非常に多くの混乱と賛否の嵐を巻き起こしたことでも話題になった。特にこのゲームを語る上で重要なシナリオ面での不備や齟齬に関しては、原案を提供する高橋哲哉本人が暗に認める発言をしており(外部リンクを参照のこと)、エピソードII部分の大幅な見直しと追加、エピソードIとのシナリオ統一を図ったゼノサーガI・IIが後に発売されている事からも、本作の(特にシナリオ面での)破綻ぶりを伺い知ることが出来る。以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。製作スタッフディレクター:新井考原案・監修:高橋哲哉脚本:米坂典彦音楽:梶浦由記プロデューサー:萩原智洋エグゼクティブプロデューサー?: 杉浦博英関連項目モノリスソフト外部リンクバンダイナムコゲームスによる紹介ページ高橋、竹田スペシャル対談(前編)高橋、竹田スペシャル対談(後編) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89II%EF%BC%BB%E5%96%84%E6%82%AA%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%B2%B8%EF%BC%BD」より作成カテゴリ: ゼノサーガ | プレイステーション2用ソフト | 2004年のコンピュータゲーム | ファミ通文庫 | ゼノシリーズ隠しカテゴリ: コンピュータゲーム関連のスタブ記事

コンゴ語 ~ショッピング編~
ご近所ニュース
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。